/........................................................................................................................................................................

.よかった。.....................................................................................................................................................

迷わずについてきてくれたんですね。 ..................................................................................................................................



................................................................................................................













ここはあなたが手にした あの癒しの花の部屋です。




とてもいい香りが部屋全体に漂っていて

私はここがとても好きなんですよ。




あなたも気に入ってくれるといいのですが。













ところで、なぜあなたはこの部屋に来れたと思いますか?



















それはあなたが癒しの花を手にしたからです。

つまりあなたがそれを選んだって事です。













これからとても、とても大切な事を話します。

よく聞いて下さいね。





























あなたが手に取るものが、

あなたの現実となります。




















あなたが選んだものが、

あなたの今いる現実を作り上げています。
















例えばあなたが 
赤い色の水道の蛇口をひねるとどうなりますか?


もちろん! お湯がでますね。















あたたかいお湯がほしいから

赤い色の水道の蛇口をあなたがひねった結果、

熱いお湯がでたんです。



















..

あなたがいる現実の世界も それとおんなじ事なんですよ。





















あたたかいお湯が欲しいなら

水色の蛇口ではなく、

赤い色の蛇口をひねらなければならないのです。

















どんな環境にいようと、

あなたが「うひょうひょで幸せな蛇口」を選んで

そしてひねると 楽しい事がそこから生まれて、飛び出てきます。





























でも、あなたの手でその蛇口をひねらなければなりません。

























ほら 覚えてますか?



あなたが癒しの花を手に取った瞬間に

あなたはここへやってきたのです。




誰もあなたを無理矢理ここへ連れてきた訳ではなかったでしょう?




















あなたは、自分の手で色んな物を選び取る「自由」を

いつも与えられているのです。


その事にお気づきでしたか?


























これからは楽しい人生を生きると決心しなければ


あなたの人生は楽しくならないのです。


























どうです?

あなたが選んだ癒しの部屋はとてもきれいですね。


















あなたが望めばいつでもここへ帰って来られますよ。
















この部屋もとてもきれいなので 離れるのは名残惜しいのですが

ツアーは まだ始まったばかり。

違う部屋にもお連れしましょう。







今度は海を超えて月の島へお連れします。





下の方にもっと歩いて行ってください。


































きれいな月があなたをまっているでしょう?



その月にふれてみてください。







きっとあなたはあなたが選んだ癒しの月の島へ行けるはずです。




心配しないで。

もちろん 私がお連れしますから。


CLICK

さあ、ふれてみてください。






......................................................................................................................


......







お帰りですか?
ここから <HOME> にお戻り下さい