カナダ・バンクーバーにある本格的なセラピーを日本語で学べるスクール


 
  




                  
LANI HOLISTIC ACADEMY OF CANADA の、セラピスト&講師は、知識や経験や豊富な人材を厳選しております。また、セラピストとして、1番大切な、セルフケアも続けて、みなさまに、クオリティの高いサービスを提供するよう、日々、心がけております。(※講師&セラピストの紹介ページは、まだ準備中です。)




  LHAC 代表 <SAKI TRAN> 


(セラピスト暦は、1998年より)

・心理カウンセラー
・クリニカル・ヒプノセラピスト/インストラクター
・LANI HEALING マスター インストラクター
・キネシオロジスト
・フリーランスのライター
(バンクーバー情報誌、ココマガジンにてエッセイを連載中)


●BIOGRAPHY

幼少時代 ありえないほどの機能不全家族の環境で、本当に苦しい子供時代をすごす。

よくまともに育ち、今まで生きてこられたと我ながら感心する。 厳しさからの恐怖と過干渉による不信感により、完全に自分らしさをギブアップしてしまう。

学生時代 自分らしさを完全に失くした状態であったため、親や友達との関係に悩みつつ学生時代を過ごす。

将来の進路を考えたとき、どこへ行っても、子供たちが寄ってきてくれ、子供といることが自然であったため、幼児教育の道に進む。当時の教授から、本来の『自己啓発』の深い意味を教わり、感銘を受ける。 子供の発達心理にも、強い興味を持つ。

1995〜 自分の可能性を広げるために、カナダへ留学。 

自分が将来、何をしたいかなど、考えたことなど1度もなかった私だったが、このころ、1週間で、立て続けに5人の人から、カウンセラーになるよう勧められる。偶然にしては、何かある!と直感で思い、元々、興味のあった心理学の勉強を始める。

カウンセリングの勉強をしていたが、カウンセラーという枠だけにとらわれたくないと思っていた この年、ハッピーコーディネイター(ハピコ)になることを、ひらめく。 自分はこのために生まれて来たのだとハッキリ自覚。 口では言い表せないほどの光悦感を味わう。

このときから、毎晩のように、自分がハッピーコーディネイターになった様子を ビジュアライズしながら過ごす。

1997〜 カナダ生活は2年のつもりだったが、そばにいた、あまりにも珍しいタイプの夫と、うっかり結婚してしまう。

仲の良かった友人たちが、みんな日本へ帰り、働くビザもないため、外に行く機会も減り、生まれて初めて、「孤独」というものを味わう。 また、インナーチャイルド(心の中の傷ついた子供の部分)が癒えていなかったため、夫と喧嘩三昧の日々が続き、心身ともに疲れ果ててしまう。

1998〜 2年ごしの夢が叶って、ハッピーコーディネイターとしてデビューする。

バンクーバー在住の人たちに、初めてワークショップを提供し、やりがいや手ごたえを しっかりと感じる。 いつか、世界中から、私の講座を受けに、カナダにやって来てくれて、こころと体を癒すツアーをしたい!と夢をみる。

ハピコの仕事だけでは食べていけなかったので、この年から2年ほど、ワーホリさんたちに英語を教えながら二束のわらじをはくことになる。 予想外にも、爆笑・英会話教室として大繁盛してしまう。

2000〜 「うひょ・うひょ倶楽部」 という名前でHPを開設。

初めてPCデビューをし、本を見ながら、ワードでHPを作ってみるが、メールも打てないほどだったため、PCの前で発狂寸前になる。 

ライター活動開始。 メルマガを発行しはじめたら、色々なメルマガサイトが取り上げてくれるようになり、読者が1万人を超える。 メルマガの会社、melma! のオフィシャル・メルマガで、1年半、連載をつとめる。

2001〜 メルマガの読者が増えたおかげで、この年、ようやく、カナダツアーを実現することになる。

順調にツアーに来てくれる人が増え、ときには、自分のやり方に自信をなくしつつも、ハピコとしての喜びを味わう。苦しい体験も、良い学びとなる。

2003〜 ようやく英語の先生を卒業し、ハピコとして1本立ちする。

カナダツアーを通して出会った素晴らしい受講生達を通して、自分を成長させる。 この年、電話を使って、テレフォンカウンセリングを開始する。 1人ひとりに深くかかわって、幸せをコーディネイトすることに、面白さを覚える。 この年、学校に戻ることを決意し、主婦業、仕事、学校と忙しい日々を過ごす。

2004〜 学校&電話カウンセリングを続けながら、カナダ・ネイチャーツアーを開始する。

お料理、ヨガ、メディテーションなどを通し、リラックス目的のツアーを提供。参加者たちと、すばらしい時間を過ごす。 この年の10月より、学校などのストレスから、胃の不調を覚えだす。薬を飲んでも治らないため、年明けに帰国して検査することを決める。

2005〜 1月に検査した結果、早期胃がんと診断される。

その後、2月に胃の三分の二を切除する手術を受ける。 この病気、手術を通して、自分がどのように生きてきたのか、真剣に考えるチャンスとなる。

がんになれたことは、人生最大のギフトだと思い感謝する。

インナーチャイルドを癒すワークにずっと取り組んでいたので、徐々に両親との関係は良くなっていたが、がんという病気を通して、私が大きく変わり、そして両親もかなり変わったため、よい関係となる。  両親から愛されていると、頭ではなく、心で感じられるようになる。 術後の経過もよく、8月に卒業生を対象に、バハマでイルカと泳ぐツアーを催行する。

このツアーがハピコ人生、最大の学びツアーとなり、後にとても感謝するようになる。また、荒れ狂う海へ小型ボートで出かけても、私ひとり酔わないため、「ほんとは漁師なのでは?」と、参加者に疑いを持たれる。

2006〜 1年検診のため日本へ帰国。親子3人で仲良く食卓を囲み、とても幸せを感じる。

カナダへ母を連れて来る。母と二人で旅行するなんて、絶対ありえないと思っていたが、これが実現出来て嬉しく思う。(父は飛行機が嫌だとごねたので断念)。 テレフォンカウンセリングを続ける。大きく成長するクライアントのみんなに感動すると共に、自分がやってきた仕事に対する手ごたえをしっかりと感じる。

この年、胃を手術した関係で、全身に湿疹が出来、中国医に診てもらう。 このドクターが教えてくれる中国医学に深い興味を持ち、自分でも 調べていくうちに、中国医学をベースにした、キネシオロジーというツールと出会う。

実際に、自分でキネシオロジーを体験してみて、私がどんどん自分らしさを取り戻せ、キネシとカウンセリングを併用させていくことで、大きな効果があると確信する。 キネシオロジーを通し、本来の自分を取り戻すことの大切さ、また、よい人を卒業し、自分らしく生きる喜びを実感する。 せっかく与えられた命を大切に「自分の人生」を生き抜きたいと強く思う。

12月にロサンゼルスで、キネシオロジー・マスターコースを終了。

2007〜 潜在意識へのアプローチの方法とし、催眠療法が効果的であると考え、ハワイにて、本格的に催眠療法を学ぶ。

カウンセリングの技術、キネシの筋反射テスト、ヒプノ(催眠)を併用させることで、大きな効果が出ることを実感する。 7月にバンクーバー島で、ヒプノやキネシを使った新しい形の「本当の自分に出会う・ごほうびツアー」を催行。 すばらしいツアーとなる。

自宅をリノベーションして、バンクーバー在住の方を対象に個人セッションを本格的に開始する。 リラックスした雰囲気で、来てくださる皆さんが、自分を取り戻していく姿を見て、幸せに感じる。

12月にハワイでの、ごほうびツアーを開催。 参加者たちと夢のような時間を過ごし、すばらしい体験となる。 改めて自然が持つ癒しの力を感じると共に、参加者たちの大きな変化に感動を覚える。

2008〜 3月に、東京&大阪にて、「おうち講座」を開催。

深く感情を味わうことで、自分の内(おうち)へ戻っていくという実体験から、この講座をプログラムする。沢山の方と出会い、素晴らしい時間を共有する。 

5月に、ロサンゼルスにて、メタファー&カウンセリングコースを終了。 これは、メタファーと呼ばれる言葉を用いて、ストレスを解放したり、気づきを促すもの。 自分自身にとっても、大きな気づきがあり、実りの多い体験となった。

バンクーバー情報誌、ココマガジンにて、「うひょっ♪とエッセイ」の連載を開始。 こころを癒し、自分らしく生きることの大切さを広める、良いチャンスをいただく。 7月はカナダ、12月はハワイで、ごほうびツアーを催行。参加者達とすばらしい時間を過ごす。

2009〜 3月に、本当に望んでいる夢を実現するための、「Dreams!」 という講座を開き、潜在意識の大切さを参加者の方と共感する。 同時期、カナダ人女性、アメリカ人女性かが行っている、<感情>に対する、2つの大きなワークショップに参加し、自分の癒しを深め、そして、セラピストとしての技術を磨く。

10月、バンクーバーに、リトリートセンター(癒しの宿)をオープン。

新月の日に、「ステイするだけで、みんなが癒され本当の自分に帰れるような宿泊施設を開く」と書いたら、2週間後、あっという間に実現してしまう。 オープンと同時に、沢山の人がバンクーバーを訪れてくれ、癒しを深め、自分を取り戻していく姿をまぶしく感じる。ゲストの方たちと触れ合える、女将業に、かなり楽しみを覚える。

11月、もう1つの夢であった、<海の見えるオフィスを持つ>が、これまた、あっと言う間に実現してしまい、UUC THERAPYのオフィスをオープンする。

海をながめながら、穏やかな雰囲気の中、グループ講座や個人セッションを提供出来るようになる。 新月に願いを書くことのパワフルさを実感したので、定期的に、新月の夢講座を開催している。

2010〜 6月、最愛の人を亡くすという、深い深い悲しみの体験をしたことがきっかけとなり、以前から、いつか出来たらいいなと思っていた、セラピスト養成スクールを起業して、開校しようと決意する。

同時期、米国催眠療法協会からインストラクターの認定を受けられることが決まる。そして、アロマ講師など、次々と素晴らしい人材ともご縁があり、開校を決心した1ヵ月後には、スクールがオープンしてしまう。

今後は、持っている知識全てを引き継いでくれる人に手渡すことに喜びを感じながら、癒されたセラピストの育成につとめていく。

私の夢はまだまだ続く・・・。




 

アロマ講師 : KEIKO MIKAMI

現在、アロマセラピーの講師は、BCAPA(BC州アロマ協会)認定セラピスト、KEIKO MIKAMI が担当させていただいております。2004年からアロマセラピストとして活躍しております。

MENU











このページのTOPへ


Copyright(C) 1998-2010 LANI HOLISTIC ACADEMY OF CANADA(LHAC) All Rights Reserved.























Template design by Nikukyu-Punch